ディフェンス

大学生になってから、知らない間にディフェンスがかなり悪くなっている。

チームのディフェンスがよくない原因の一つであることはまちがいない。

まぁディフェンスで貢献することもあるけど、1線での貢献が無に近い気がする。

とりあえず速攻系統、ヘルプはまだいい…だけど問題はディナイとボールマンへのディフェンス。


ディナイはそこそこできるけど試合で40分やる体力が無い。

でもディナイから入らなければ、いいディフェンスには絶対ならない。

まず必要なのは体力だな。(当たり前か…)


そして一番の問題はボールマンへのディフェンス。

悪い点を考えてみると…

とりあえずスティールを狙いすぎってのは確実にある。

ディフェンスよくなるまでは右手でのスティールを禁止にした方がよさそうだ。

あと足首痛めてから右へのサイドステップがほとんど反応できなくなってる。

だから相手に正対しないでちょい右によってからディフェンスをはじめようかと思う。

サイドステップを踏む訓練をできるだけ練習前に心がけたら少しは形が良くなるはず。

1試合に1回、相手からチャージングもらう選手になれたら一番だな。

高校時代は点取るのが3P以外は雲をつかむような話だったから、ディフェンスで20点分働くことを考えてたけど…最近はそんな気持ち微塵も持ってなかった。

初心忘るべからずって奴だな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック