努力はけして裏切らない

最近はいつものバスケの環境では試合が出来なかったため、毎回ジャンプシュートの個人練習。

やっぱり体力面とか試合での流れを読むとかっていうのは練習できないから伸びないけれど、練習してきたことは伸びるものだ。

ジャンプシュートを1対1で練習してきたせいか、5対5でジャンプシュートを打つのはものすごい楽。

もともとセットシュートとドリブル1対1からのレイアップもしくはパスが自分の武器だったけれど、ジャンプシュートが入っただけで攻撃の選択肢がものすごい広がることがわかった。

パスをもらってセットでは打てないタイミングでもジャンプシュートで打てるから、ボールをキャッチする動作だけでフェイクにもなるし、シュートを止めに行くからドリブルでも抜きやすくなるし、抜いてもゴール下まで行かなくてもフィニッシュできる。

いえば、どこからでも狙える状態。

今まではドリブルで抜きまくって、相手が引いたときにセットでの3Pっていう形に持っていくのが自分の必勝パターンだった。

けれど今は、最初からジャンプシュートでもいいし、もちろん今まで通りドリブルで抜いてもいい。

攻撃側の選択肢が多いってことは、相手は受身にならざるを得ない。


上手くなるために現状を見つめ、自分にとって一番必要なものを知り、それに向かって自分の向上心に見合った努力をする。

これはバスケ以外でもどんなことでも自分を成長させるために必要だと思った。

テストも終わり、これから必要なのはTOEIC。

月曜から計画を立てることが一番大事なのかな。

バスケのがいいなーーーーーー!!!!!

でも頑張るか!

この記事へのコメント

さおちゃん
2007年03月03日 16:42
ヒロは本当に自分に必要なものを知って、それに向かって努力していて、すごいなぁって思う。
私が今まで接してきて、突っ込んだお話をしたことのある人の多くは、あまり現状を見つめずに動いていて、努力することができないって悩んでいる人だった。
私は、努力はできるけれど、優先順位をつけることができなくて、あれもこれも、って手をつけて、虻蜂取らず状態だったから・・・私もしっかり何をしていくべきか考えたいと思ったよ。目標が定まったら、頑張ることは簡単だもん。
英語、頑張ってね!!ヒロの進む道を、私は応援したいし、しているからね!!
Hinrich
2007年03月08日 20:07
たぶん俺はめんどくさがりやだけど、自分のやりたいこととかしなきゃいけないことがあるから、どうしても最低限の努力でなんとかしよう!って考えのダメ人間ななんだよね。
だから虻も蜂もできるだけ過不足なく、楽にとることばっか考えちゃうタイプかも(^^;
だからもっとストイックさが自分にはなきゃだめだな~と思うよ(><)
見習います!

この記事へのトラックバック